« コラシアム初ライブ | トップページ | 伝説のギタリスト成毛滋さん逝く »

2007年3月25日 (日)

気になる名脇役達(再録)

名優・名女優もいいですが、映画の楽しみのひとつに個性的な脇役をウォッチするというのも有ります。脇役一筋の方もいれば、今はチョイ役でもそのうち主役を食うまでになる人もいる。そういう俳優さんの中で、私の琴線に触れる人をすこしだけピックアップしました。もちろん、深い洞察と見識にもとずいた、などということは無く、ただただ表面的かつ思いつきの駄文でございます。

            Toro_2

ベニチオ・デル・トロ(上:ひどい顔ですね。本人はもう少しハンサムです)
    -ブラッド・ピットになり損ねたプエルト・リコ人-

 私が彼を知ったのは随分最近で、ブラッド・ピット客演のコーエン兄弟監督作「スナッチ」でした。こないだNTVの深夜「月曜映画」(これ、タイトルバックが丸尾末広という、恐ろしい番組。プロデューサー氏は、深夜枠なんで局の上にもスポンサーにも黙って確信犯的にやったんだな。えらい!)で見ました。すごかったのは、やっぱりブラッド・ピットの演技のほうで、パイキーと呼ばれるアイルランドのジプシー???を演じ、かつて「デビル」で酷評されたアイリッシュ訛を逆手に取った、何語かもはや不明な言語(シュメルジョウウシェーケウウンジョウルってな、噛みたばこを両方の頬に入れてしゃべってる風)で怪演でした。
 いっぽうデルトロは、ひたすら情けない泥棒役。フィルモグラフィーを見ると、テリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ主演の怪作「
ラスベガスをやっつけろ」とかに出ていて、変な役者さんです。イタリア系かと思ったら(ダニー・アイエロとかに語感似てません?)、プエルト・リコ出身でした。さて、トロといえば寿司の王道ですが、この人はトロというより、「ベニショーガ・イカ・ゲソ」とか「ベニサケ・アニ・サキース」という感じですね。要は食えない(^_^;)。若い頃はブラッド・ピット風2枚目でいけそうな雰囲気もありましたが、歳とともにだんだん壊れて凶相になり、性格俳優&脇役が定番になりつつあるようです。

            Trejo_1

ダニー・トレホ<悪役商会の売れっ子>

(上、おおクリソツやんけ。って、まあ写真のトレースが土台なんで、大幅に似てない訳は無いんですが、こういうマンガチックなお顔は似顔絵にしても外れないですね)。
 メキシコ系(多分)の凶相の俳優さん。悪役以外あり得ない、という御仁。ロバート・ロドリゲス監督の従兄弟だそうで、どうりで彼の映画で重用されてます。「フロム・ダスク・ティル・ドーン」の吸血酒場のマスター役が一番印象的でしょうか。「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」では、ジョニー・デップへのからみ方がちょっとシュールになっており、凶相だけの売りから、一皮剥けると面白そうですね。ハリウッド的ガイジン(アジア人やヒスパニック系など)の悪役俳優さんってけっこう定番のポジションが有るようですが、アクション映画など見ていても、数年くらい連続して出演していたような俳優さんが、とんと見かけなくなることが多い中(しかも名前なんて、見てる方は覚えないですし)、ダニーさんは頑張っています。 

                                      Hen_2

ランス・ヘンリクセン<ハリウッドの天本英世>

(上、絵が生硬ですいません。末期の胃ガンにかかったダーティ・ハリーみたいになっちゃった)。
エイリアン2のヒューマノイド・ビショップである。主役のリプリーが、タフではあるものの、知的でも精神構造が深そうでもない部分をビショップが補っていましたね。孤高の哲学者、無償の自己犠牲。もっとも第1作と異なり、第2作はジェームス・キャメロンというアクション映画職人が手がけたので、ほとんど宇宙海兵隊戦争映画ですが。このひと、出演作はSFが多いが、ジム・ジャームッシュの「デッドマン」など文芸?映画にも出ています。演技が巧いか下手かはこの人の場合、ほとんど問題ではなく、あの内省的な風貌と、ぼそぼそと寡黙な面持ちだけで絵になってしまいますね。和が日本の故・天本英世さんのハリウッド版とも思います。
 ヘンリクセンと言う苗字も、日本人から見たらは珍しい気がします。北欧系でしょうか。ジミ・ヘンドリックスとシー・ビクセンを足して割ったみたい(~o~)
 さらに話題がそれるんですが、ランスさん、「スクリーム3」という青春ホラー映画にも出てます。これの前編「スクリーム2」(ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演)には、「死霊のしたたり」のハーヴァート・ウエストの役者(ジェフリー・コムズJeffrey Combsさんと言います)リゾートホテルのクローク役で出ていました。このシリーズ、こういう配役には気を配っていたんですね。コムズさんは、さらにスタートレックのアンドレア人(ららら無人君の元となった異星人)や、フェレンギ人のブラント、ヴォルタ人のウェイユンとか、ちょい役でテキトーに使われてます。  

 <追記>さるトリビアルな話題を扱ったサイトの情報では、アーノルド・シュワルツネッガー(現カリフォルニア州知事)主演の映画「ターミネーター」は、当初主演にランス・ヘンリクセンが予定されていたとか。なるほど、そう考えると、あの粗い粗いストーリーテリング、映像的にも「余り金かかってねーぞー」的雰囲気など、ヒットした割にはB級映画臭がぷんぷん臭って、どうも今までピンと来なかったんですが、コロンブスの卵発想でヘンリクセンが主演してれば、これはもう誰でも納得できる正真正銘のB級映画になっていた訳で(^_^;)、シュワちゃんが主演して、彼の個人的魅力でヒット映画にさせちゃったほうが、そもそも無理があったのですねえ。

          Busce_1

スティーブ・ブシエミ<歩く口>

上:に、似てない(-_-;)

 口から生まれてきたようなひと。常に早口で何かしゃべっている。その言葉に意味が有ろうが無かろうが、とにかくまるで脅迫神経症のように、熱病に浮かされたように、しゃべる。人の死なないマシンガンの連射。生粋のニューヨーカーないしはブルックリンそのもの。はじめてホール&オーツを聞いた時、ダリル・ホールの歌って、歌詞に書いてある文字と全く別物に聞こえるので驚いたもんでしたが、NY訛ってえのはこういうもんなのか?ブシェミとホールの訛は同じ部類ではなさそうですが、とにかく英語がネイティブでないと、何を言っているのかさっぱりわやです。
 アクターズ・スクールに学んだ正統派だったらしいのですが、なんせジャームッシュ監督作「ミステリー・トレイン」、コーエン兄弟監督作「バートン・フィンク」でじわじわ人気の後、タランティーノ監督作「レザボアドッグス」のミスター・ピンクでブレイクですから、まあ怪優と言わずして、ですねえ。アニメ「モンスターズ・インク」では、悪役ランドール・ボッグスを演じていました(ワゾウスキーはビリー・クリスタル)。
 と以上、ただただしゃべくりだけの関西人みたいな書きようをしましたが、このひとの魅力はそれに加えて、なんとも憎めない「かわいらしさ」にあります。ぜったい憎めないタイプ。うーん、キュート!   

|

« コラシアム初ライブ | トップページ | 伝説のギタリスト成毛滋さん逝く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122352/5817018

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる名脇役達(再録):

« コラシアム初ライブ | トップページ | 伝説のギタリスト成毛滋さん逝く »