« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月24日 (火)

クリス・クリストファーソンと原田芳雄

このあいだ、テレビで「ブレイド」シリーズ三作を見ていて思ったこと。ウッィスラー役のクリス・クリストファーソンですが、長髪ひげもじゃの汚い爺さん。でも現役当時はバリバリのアグレッシブなお人であって、未だに経験値が豊富なので主人公を好サポート、といった設定。ん?Planet of the Apesでも似たような役どころでしたね。かつてはカントリー&ウェスタンの歌手としてスーパースターであり、若い頃は「ペキンパー映画の常連だったはず。ラスト・ムービーのデニス・ホッパーはその後長い不遇の時期を送り、じじいになって復活、いまだに大好きな怪優ですが、クリスは基本的に若い頃からスター。カントリーも聞かないせいもあり、なんとなく嫌いなタイプでした。しかし90年代にアルコール中毒や離婚やらでいい仕事が減ったようですが、そういう不遇の季節を巡ったせいか、おじいさんになって脇役でいい味になったと思います。

 そうそ、日本で言えば原田芳雄のポジションに近くありません?若い頃は寺山修二や鈴木清順などに気に入られ、無頼で通してきましたが、老齢になると、老賢者役みたいなのが多くありませんか? どろろ位かな。ま、風貌は似てますわな。

           1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »