« 働きマン | トップページ | 三鷹高校健闘及ばず »

2007年11月12日 (月)

下流社会 第二章

仕事用の本でありながら、充分エンタメ性もあった本の続刊。最初の本では、サンプル数が200人以下の調査資料も多く、あまりの母集団少なすぎでさすがのこの結果、有為とはいえないんじゃないの???と おもわずツッコミたくなる部分が散見されましたが、こんどはお金も出来たでいか、ネット調査でN数も増え、知名度アップのせいか、大手新聞社のデータも流用して、その対策万全です。
 そもそも、この本、著者がデータ解析の結果だした推論なのはなく、豊富なフィールドウォッチなどの知見(なんせ、定点観測で有名なアクロスの元編集者)を、データで補強した結果な訳です。
 これはワタシのつとめている広告会社においては、クライアントへのプレゼンテーションの常道であり(データ解析しかできないマーケッタは頭いいとは認められない)、その意味では、思わず膝をポンと打つような本だったわけですが、それがベストセラーになるとは思いませんでした。グラフ多すぎだしね。
 いっぽう飛行機ファンの感覚で言うと、三野何某さんの、カタログ・スペック・データのみで戦闘機の性能の優劣を語る本が有りましたが、それの社会版といえば分かりやすいかもしれません。
 こんかいは雑誌とクラスター分けがあって、サピオなんか右翼雑誌ときめつけ、それを読む層と、同時に嫌韓、嫌中が多いのが、25-35歳のロスト・ジェネレーション中心というのは、良く分かります。やっぱり不満の捌け口は仮想敵国向けが一番効果的なんですね。
 あとはしかし、いわゆる勝ちパターンは、男も女も正社員で働き双方の収入を得るパターンという結果は、当たり前のことですね。一冊目を読めばやはり二冊目は無理して読まなくてもいいかもしれません。私自身は通勤の友にはなりましたが。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_fb/249-6198545-6201127?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Denglish-books&field-keywords=%89%BA%97%AC%8E%D0%89%EF&Go.x=1&Go.y=7

|

« 働きマン | トップページ | 三鷹高校健闘及ばず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 働きマン | トップページ | 三鷹高校健闘及ばず »