« 横山大観 | トップページ | スウィーニー・トッド »

2008年2月24日 (日)

カート・ヴォネガット タイムクエイク

米国を代表する(はずの)作家、カート・ヴォネガットが2007年に亡くなったことをずいぶん後になるまで知りませんでした。2008年になって、「バゴンボの嗅ぎタバコ入れ」という初期短編集(モンキー・ハウスへようこそ の姉妹版)が文庫で発売され、ヴォネガットの作品を本当に久しぶりに読んだと同時に、後書きでその死を知った次第でした。

                              51xem0docol_ss500_

アメリカの作家、いや自分の読む作家のなかでも最も敬愛する一人だったはずなのですが、1990年の「ホーカス・ポーカス」以来、17年間ご無沙汰だった計算になります。「バゴンボの嗅ぎタバコ入れ」の後、手じかに有った59年の「タイタンの妖女」と75年の「スラップスティック」を読み直しました。

 さらに1998年に出た「タイムクエイク」を読み忘れていたことに気づき、ハヤカワ文庫を探しましたが、ヴォネガットは未だにSF文庫から出るため、SF不人気の昨今では、そこらの本屋では在庫切ればかりでした。

                           519gyrvjq4l_ss500_

 読み始めたら、ヴォネガット節の炸裂で、本当に懐かしくまた楽しいひと時を過ごせました。村上春樹の中期までは、部分的にヴォネガットの真似だったことが良く判ります。たとえば「チリンガ・リーン」。

 印象的だったのは、南北アメリカの先住民は16世紀に欧州人が侵略する前に1400万人ほどおり、20世紀にはその10%程度しか生存していないという挿話。数値の信憑性はわかりませんが、それを信じれば、ホロコーストのうち歴史上最大と言っても過言でないのは、はナチスユダヤ人虐殺、アメリカの原爆、スターリンの粛清、毛沢東の文化大革命ではなく、アングロサクソン達によるアメリカ先住民、特に北米のネイティブ・アメリカン虐殺だということになります。西部劇とか騎兵隊とかいって、それを誇らしげに未だに思い続けるアメリカ人の傲慢さとは一体なんなんでしょうか。

 もうひとつはヴォネガットが好きな映画。一番は「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」、二番目が「イヴの総て」、三番目が「カサブランカ」ということが判ったことです。

 この作品の前作「ホーカス・ポーカス」の内容は忘れてしまったのですが、「タイムクエイク」は、ヴォネガットの作中人物であり、彼の分身でもあるキルゴア・トラウトが大活躍し、あまつさえ、ヴォネガット本人と会話をするなど、ヴォネガット作品の総集編の様相を呈しています。

 またトラウト作!の短編が、タイムクエイク(時間の地震)で止まった10年間の前後に、計算づくなのか無秩序になのか、たくさん散りばめられ、時間軸の構成としてはかなり複雑なメタフィクションになっています。筒井康隆の「虚構船団」は今思うとメタフィクション足ろうとしてかなり生硬な出来だと思いますが、ヴォネガットはそこらへんがとっても柔らかい。しかし複雑さはかなりのものです。

 遺作のエッセイ「国の無い男」は、爆笑問題の太田光推薦という帯付で出ていますが、これは小説ではなく、エッセイなので1600円強の出費は控え、文庫になったら読んでみようと思います。

|

« 横山大観 | トップページ | スウィーニー・トッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横山大観 | トップページ | スウィーニー・トッド »