« ルイ・ヴィトンの法則 | トップページ | Van der Graaf Generator 初来日ギグ »

2008年3月19日 (水)

なぜ汐留が気持ち悪い街なのか-新・都市論TOKYO

建築家の隈研吾の著作「新・都市論TOKYO」を読みました。
私は高校時代は一瞬建築学科を目指したことも有り、また大分昔、商業建築というか有体にいえば店舗内装の発注側だったこともあり、バブル時代までの、いわゆる「ポストモダン建築」までは同時代的・職業的関心があったのですが(高松伸大好き!)、ここ10年、日本の建築のトレンドにはまったくついて行けてなかったのです。
 しかし東京一極集中的再開発を、いち生活者として見たり買物したりするなか、どうしても(こないだまで持ち株会社が有った)汐留にいく度、なんだか生理的に寒々した気分に陥るのでした。昨年リタイアされた電通のクリの知り合いも、「所詮新橋なのに飯食うだけでもかっつけて嫌なとこ!」と嘆いておられました。
 六本木ヒルズは祝祭空間としてけっこー好きなんですが、おなじ六本木でも東京ミッドタウンはあんまりイケテナイ気がする。この生理的感覚の差異はなんだろう、単にバブルが終わって「ポストモダン的/俺が俺が自己主張型建築デザイン」が終焉し、街や環境と調和するため、たてもの自体のデザインがおとなしくなっただけなのか、ずーっと腑に落ちないままでした。
 その疑問がこの隈さんの本を読んで氷解。目から鱗でした。
つまり東京の(いや世界中の大都市はほとんど)、都市再開発はビジネスベースでのリスクヘッジのため、かつての国という公権力やパトロネーゼによる個人の思想と個性を持った開発、というものが不可能になってしまったためなのだそうです。隈さんは、ヒルズや東京ミッドタウンのPJにもかかわっているのですが、単なるデザイナーとしてだけではなく、そういったビジネススキームにも精通しておられ、シニカルな視点と冷静な観察眼を持って、汐留、丸の内、六本木ヒルズ、代官山、町田!、北京を語っていきます。各再開発に通底するのはテーマパーク型フェイク都市設計手法。ヨーロッパの石ばっかりの城塞都市や日本の京都が美しく調和しているのは、建築の技術的限界から選び得る手法が単一だったからこそだそうで、21世紀の建築技法であれば、それこそ無限と思えるデザインの選択肢が設計者には可能なんだそうです。いっぽう現実の都市は整合と不条理、聖と俗があいまって構成されるものであり、統一的環境における異化空間を楽しむには、都市外部のテーマパークという仮想都市にいかねばならない。そのテーマパーク手法を都市内部の再開発に持ち込んだのが資本の論理だというのです。この擬似ユートピアはしかし当然ながら、生活感を排除した「住む街」にはなかなかなり得ません。
 六本木ヒルズは地元住民がタワーマンションに住んではいますが、基本、おのぼりさんが遊びにいく祝祭空間であり、また少し前のヒルズ族に代表される一種のニューエリート層が働く場所であった訳です。その意味では私もあの迷宮が嫌いでない。いっぽう汐留は仕事でいく場所であることが個人的には六本木と異なる。さらに汐留は元国鉄跡地とはいえ、六本木の森一族や、丸の内の三菱地所グループのような一社独裁的開発ができる時代ではなく(失われた十年の初期に開発が始まった)、リスクヘッジのため、あの貨物操車場を細かく分圧して土地を売った(正式には売ったんではないかもしれませんが)ため、各地主がてんでばらばらな向きに箱型ビルを建てたため、無残な不整合都市が生まれてしまったということらしいです。 一軒一軒の建築デザインは悪くないのに、総体としててんでばらばらになってしまったのですね。
 一方六本木ヒルズと丸の内の差異については隈さんによれば、森ビルの森さんという個性と、三井三菱のような名門財閥でない遅れてきた起業家としての意地みたいなもんが結集して、あの磁場を作ったんでしょう。じゃっかん堤泰次郎とか後藤慶太の現代版みたいな御仁なのかも。知人が術森ビルに中途入社したんですが、森教の教祖さま、と言ってましたもん。 例の当社で問題になった、森さんがキャットウォークから俯瞰して次の戦力を練るために見るという、東京23区のジオラマ模型にしても、ヒトラーに仕えた建築家・アートディレクターにして能吏のアルベルト・シュペーアを彷彿とさせるものが有ります。

 隈さんが町田を評価するのは(秋葉原も評価してます。また町田で無く溝口でも多分同じでしょうが)、商業集積と市民生活と風俗などの裏町がごった煮になっていて、生活観と都市のバイタリティーが感じられるからとのこと。これが建築家の意見か?とびっくりしてしまいますが、しかしあえて斜に構えてシニシズムで言っているのではなく、中目黒育ちという出自に影響されているようです。そもそも都市と村が隣り合っていた戦後の都市近郊では町田的「ムラ状態」は当たり前だったのでしょう。その点私個人は、生まれは世田谷でも育ちがもっともっと郊外の公団住宅なので、いわば殺菌状態タウン育ちなので、町田の猥雑さはNGなんです。東急目蒲線沿線育ちの知人が、賃貸の時点では田園都市線の鷺沼に住んでいたのですが、あの一種乙にすましたハイソでござい、という街の雰囲気が嫌で、溝口にマンションを買ったので、隈さんの感触も同様なんだろうな、と想像しています。
 最後に隈さんが可能性を感じるのが北京。まあ発展途上の熱気とエネルギーでは、老成しつつある(いや、老成ではなく単に枯れてきただけか)の日本とでは、ある意味勝負にならない気がしてずるい、とは思いますが、古典的農村の「村」ではない、地縁的「ムラ化」という時間のかかるネットワーキングをベースにした、都市の熟成という方法論だけは、わが国でもまだ「いい街」が出来える唯一の可能性だ、という結論はむべなるかな。
 いずれにしても、本物のセンスと知性から発した書物との遭遇というのは心躍るものですね。
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E3%83%BB%E9%83%BD%E5%B8...
 31gbzmmdlul_bo2204203200_pisitbdp50

|

« ルイ・ヴィトンの法則 | トップページ | Van der Graaf Generator 初来日ギグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルイ・ヴィトンの法則 | トップページ | Van der Graaf Generator 初来日ギグ »