« 2008年3月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年6月28日 (土)

Van der Graaf Generator 初来日ギグ

1969年にピーター・ハミルを中心に結成されたVan der Graaf Generator が、約40年たって初来日しました。個人的にはキング・クリムゾンのメタル・ヌーヴォー時代と対を為す、プログレッシブ・ロックの極北と思えるほどのすごいバンドです。ハードでソリッドなドラムとオルガンの音色と、狂気と知性の間を行き来するハミルのヴォーカル、時には鋭いリフ、時には叙情を奏でるデヴィッド・ジャクソンのサックスが、破綻しつつコラボレートしていました。ただバカテク・バンドではないため、クリムゾンやイエスのような人気は出ず、ワールドワイドでも本国のほかはイタリア人に受けただけ。日本でも今イチで(日本のプログレ・マニアはへヴィなサウンドではなく、オーケストラロックみたいなのが受けやすい)日本人のファンが何人いるかは分かりませんが、2千人もいるかどうか。私は高校生の頃、「RED」と「GODBLUFF」がへヴィローテーションでした。暗く重く、捩れた叙情と知的なサウンド、この条件を完璧に満たすバンドはクリムソとVDGGを置いてほかには無かったのです。                                                      2008062f282f912fb00093915f12522362e  初めて聞いたのは、1975年に再結成した後のGODBLUFFからです。このアルバムが一番ハードでへヴィなこともあり、マイフェヴァリットです。ピーター・ハミル本人の一番の自信作でもある。その後のSTILL LIFE、WORLD RECORD三部作が個人的ベスト。ただし古くからのファンは、最初の解散前のPawn Heartsが最高としています。確かにこのアルバムには名曲も多いです。ただ、このアルバムまでの第1期VDGGの昔のLPは音質が悪く、かなり損をしています、なお1stのエアゾールグレイマシンは演奏、音質ともに最低で後のバンドの片鱗がうかがえる程度。本国では正式発売されませんでしたので、ジェネシスにおけるアルバム「創世記」同様、本質的には1stではなく、プロのミュージシャンになるためのデモ盤といった位置づけでしょう。  さてハミル自身は1986年の初ソロ来日以降、かなり日本でライブを行っているが、VDGG自体が1978年に解散してしまたっため、今までの日本公演は総てソロかデュオでした。私は1986年に、いまはもう無くなった渋谷のLIVE INNでの初ソロに行きました。。VFGGはほとんどのアルバムを聞いていましたが、ソロ作は当時は2,3枚しか持っておらず、知っている曲がほとんど無かったので、ハミルの異様なほどの集中力にただびっくりしただけのギグでした。さらに全席立ち見で、消防法無視の客いれのため、会場は芋の子を洗う状態、酸欠で死にそうになったことを覚えています。  その後、ハミルはずっとソロで活動、ミュージックビジネスのオーバーグラウンドに出ることは一度も有りませんでした。しかし、2005年に奇跡的にVDGGが再再結成、Presentというニューアルバムと2007年に発売されたReal Timeというライブ・アルバムで、同窓会ではない現役バリバリのすごさを見せ付けてくれました。  残念なことに、2006年にサックスとフルートのデヴィッド・ジャクソンが脱退。VDGGの実質的なリード楽器は、ハミルのピアノと、ジャクソンのサックスだったので、これには大変がっかりしました。せっかく奇跡的に来日が実現したのに、バンドの魅力が半減するのではないか、と危惧していましたら、再々結成後の2枚目のニューアルバム「TRICECTOR」が、その懸念を払拭する素晴らしさでした。ハミルはピアノを演奏する時間を半分に減らし、かなりのパートでギターを持ち、mたバントンはリズム隊側だったのが(ベースが居ないバンドなので、バントンのベースペダルがリズムの支え)から、かなりリードも取るようになり、よりハードなロック色の強いアルバムとなりました。20年以上前のハミルのソロ「ネイディーアズ・ビッグ・チャンス」は、知性の人ハミルによるパンク・ロックへの回答だったのですが、少しあの感じが匂っています。とても60歳のジジイの音じゃない。非常に攻撃的な曲と変態バラードがサンドイッチになっていました。  それでも古い曲はサックス抜きのアレンジでだいじょうぶかなあ、ハミルのソロは激しいけれども、ピアノだけで単調なため、余り好きじゃない私ですので、かなり心配でした。  さてチケットは初日2008年6月27日金曜日のをを買いました。初日は移動の疲れや、練習のブランクなどで、どのバンドもいまひとつ、のことが多いのですが、土日に余り外出できないからいたし方無かったのです。また、招聘した有限会社 Office Ohsawa には感謝しても仕切れないくらいですが15,000円は一般的に言えばかなりの高額。ファンが少なく興行的にきついのは分かりますが、しかし好事家ならばいかな高値でも買うであろうという心理に付け込まれているのもまた事実。 http://www.bigstream.co.jp/artist/0806_vdgg/index.html                                     Vdggnow  会場の渋谷O-Westは初めて。円山町のラブホテル街のど真ん中ですね。会場脇のAMPMにたむろする渋谷のギャル(死語)達と、70年代ロックのここ10年のコンサートの定番、むさい親父ばっかりの客のアンバランスがおかしかったです。  さて曲の順番はしっかりとは覚えられませんでしたが、ハミルのソロ曲は無く、基本的には全部VDGGの知っている曲、つまりジャクソン在籍時の過去の代表曲とニューアルバム「Trisector」からの新曲がほぼ交互で半々でした。 代表曲からは、チャイルド・フェイス・イン・チャイルドフッドエンド、キラーズ、スコーチド・アース、スリープ・ウォーカーズ、ダークネス、レミングス、レフュジーズと、ほぼ再結成ライブ、Realtimeに収められていた曲でした。キラーズはたしか1曲目、スコーチド・アースも前半だったので、ところどころ初日にありがちな、ミスや微妙な呼吸の乱れがあり、また聞く方としても、ジャクソンのサックスの欠落感を感じてしまったのですが、大半はバントンのオルガンがサックスのリフを再現、曲によりハミルがギターでリード(と言えるギターの腕前ではないかもしれないが)を取り、また音色を変えるために慣れないペダルの踏み換えを神経質にやっていました。後半の曲は素晴らしいの一言。特にラストのレミングスは味わいのひとつであるハミルのヴォーカルの破綻も無く、ほぼ完璧な演奏でした。サックスなど最初から無かったような新しいアレンジも見事。ハミルの声は良く通りしかも声量が衰えていない。もちろん若い頃同様、感極まると音程がすっ飛ぶところも変わらない。 個人的にはArrowが聞きたかったなあ。Godbluffの曲はアグレッシブなんで大好きなんですが、PawnHearts以前、再結成前の曲であるレフュージーズやレミングスは1曲のなかに、ほとんど別メロで、泣きのバラード、静謐なインストゥルメンタル、ハードなメロディが組曲型式で入れ子になっているため、ライブだとより陰影がくっきりして、かっこよく聞こえました。  Trisectorからはインターリファレンス・パターンズ、ライフタイム(老境に差し掛かるハミルが歌うので、心に沁みたあ)、オーバー・ザ・ヒルス、オール・ザット・ビフォー、(ウィー アー)ノット ヒア。いずれもハードなアタックとフリー・フォームな掛け合いが新鮮でした。惜しむらくはオンリー・ア・ウィスパーがこの日は無かったこと。落ち着いていながらもながらメロもはっきりしていてかっこいい曲なのに。アルバム同様、へヴイでアグレッシブな曲とバラードをほぼ交互に演奏していました。あのテンションではハミルも体力が持たないでしょう。 アンコールは、ナッター・アラート。これまた、割と分かりやすい下世話なほど演歌っぽいへヴイ・ロックですが、知的な人達が演奏すると、非常に複雑な融合が成立します。2時間弱で決して長い演奏時間ではありませんが、高校生の頃から30年間愛して止まなかったバンドのギグを見ることが出来て、生涯最良の日のひとつに数えられる思い出となりました。                          <関連リンク>タダならぬ音楽三昧 http://invs.exblog.jp/8198582 ピーター・ハミル ブログ http://inverse.exblog.jp/                                   B0009391

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年8月 »