« 2009年2月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年3月28日 (土)

ユリイカ 特集 諸星大二郎

雑誌ユリイカ、いったいいま何千部が配本さえているんしょうか、私自陣多分20年ぶりくらいに買いました。なんたって雑誌タイトルのサブキャッチが「詩と批評」ですからね。ほぼ死語の世界です。30年前ならたまに親父の詩が載ることも有ったように思いますが、それでも当時からブッキッシュというか、ペダンチックな編集でしたね。
何で久々に買ったにかというと、大好きな漫画家の諸星大二郎特集で、諸星さんへのインタビューが掲載されていたからです。実は長野は生まれただけでほとんど荒川沿い育ちだとか、初期短編(正直言ってつまらないですけど)もあり楽しめました。
 反面、巌谷国士の「批評」にしても、夏目房之介他の対談にしても、ぬるい。記事(対談)を依頼されたから、こなしてます、というレベル。MBA系ビジネス文書などの訓練など私もちゃんと受けている訳ではないですし、普段の文章もかなりトートロジーやらループっぽくなる私ですら、巌谷さんのピントがぼけた焦点が合わない「文芸批評に典型な書き方」には辟易してしまいました。若い頃は経験値が無いからこっちのリテラシーが低いのだろうと思って無理して読んでいたのですが、50歳にもなると、文芸批評という作文の60年代的(70年代的?9作法というのもののレベルが実は大変低かっただけなのだということが分かってしまった。批評家の勝手な空想や独白で延々升目を埋められても、読むほうは苦痛なんですよね。それにSNS(ソーシャル・ネットワーキング。サービス、MIXIやGREEです)やCGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア、まあブログなんかですね9で、そのての独白は溢れ返っているので、お金を出して紙媒体で、つぶやきなんか読みたくないですよ。
 逆に先のコラムで触れた雑誌ストレンジ・デイズもけっこう昔風の編集スタイルだけど、ロック音楽批評は、本人取材(英国人であれ米国人であれメールでも出来ます)による一次資料(ま、証言ですな)などもふんだんに採用され、それを元に解析が加えられているので、昔とはまったく違う次元に達しています。70年代の水上はる子=ミュージック・ライフ式みーちゃんはーちゃん記事か渋谷陽一式素人くさい文芸批評真似たロック批評的マスターベーションしか選択肢が無かったんですけどね。ユリイカはそれら70年代のロック雑誌よりは何倍も高尚でしたが、進化しないまま30年経ったら、化石になってしまったようです。
51m0fsk40hl__ss500_

| | コメント (0)

俺、南進して 読了

町田康ファンを自認しておきながら「俺、南進して」(1999年)を角川文庫になって初めて読みました。多分フォト小説で値段が高いのと10年前では町田ファン度がまたあまり高くなかったから、新刊時にパスしたのでしょう。ただ文庫版にしても2008年の9月に出ているので、これまた半年遅れ。最近本屋の単行本コーナーも文庫コーナーも、昔風で言う週間小説、つまりミステリや直木賞系列、ケータイ小説、タレント本などばっかり。純文学は日陰もの扱いなので、新刊、文庫本新刊でも平台に並ばないことがあるため見過ごすことも増えそうです。 自分自身でも芥川賞新刊はもうずっと読まないので、確かに直木賞系やミステリ、アクションなど、「定型フォーマットをベースに連作されるノベル」でないと、読む前の抵抗感が大きい過ぎて楽に読めないことは分かりますが。
 さて内容は、句読点の脱関節式の町田節で語られる、自分追跡の悪夢無サンバ。しかも写真家アラーキーとのフォト・コラボ。文庫本は解説が内田春菊なんで、版形が小さい分を補填します。
 アラーキーは私の大学のOBとしては例外的な有名人なんですが、本人は余り語らないし、実は私も昔からこの人の写真が好きじゃない。どろどろとした猥雑さをこれでももかと演出する技法は、人間に対し表面的にしか理解できない私には重すぎるんでしょうね。ただ町田ワールドとの融合はかなりうまくいっているようで、写真が先か、文が先か、混淆状態に仕上がっています。

Orenanshin

| | コメント (0)

今日の名言「パンクはただのファッションだ」(byジョン・ウェットン)

ちょうど日本へ来るためイギリスを出るときテレビを見ていたんだけど、ジョニー・ロットンがバターのコマーシャルに出ていたんだ(中略) どこがアナーキズムなんだ?パンクが出てきても、なにも変わっていない。彼はただのポップ・スターで思想なんかは無いんだ」 (ジョン・ウエットン)
 「パンクっていうのは音楽のジャンルではなくてファッションだと思うよ」(ジェフ・ダウンズ)
 「パンクというのはファッションとか言動のことだからね…あとは唾を吐いたり(笑)」 (ジョン・ウェットン)
 「全部演技さ」(ジェフ・ダウンズ)

10098375977

写真上:左がジョン・ウエットン 右がジェフ・ダウンズ

雑誌ストレンジ・デイズ114号インタビューより抜粋

51h9ti2jasl__ss500_

   

わははは、思想性ゼロのウェットンおぢさん(左)にしては、しごくまともなことを言っているではないですか。ゼップのジミー・ペイジによる「ビートルズって所詮ポップ・ミュージックで、俺達みたいなロックじゃないからさあ。」(2006年頃プロモーションで来日した際の朝日新聞インタビューより)に並ぶ暴言ですね、いや愉快!

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

池上永一「シャングリ・ラ」読了

すでに「テンペスト」の単行本が書店の平台に乗っている時期なんですが、逆に相乗効果での販売のため旧作「シャングリ・ラ」が文庫になったので、はじめて池上永一という人の小説を読みました。
 文庫本の表紙がペ-テル・ブリューゲルの「バベルの塔」で目を引いたのと
                        Shanglila_2
、解説を筒井康隆大先生が書いておられたことから買ってみました。あとで気が付いたのですが、単行本時代は表紙がマックス・エルンストの最高傑作「雨後のヨーロッパ」だった。
                     41xvytfnx3l__sl500_aa240__2
この作者、シュールレアリスムファンなんでしょうか。ただこのときは嫌いなライトノベルごときがエルンストを表紙に使うなぞ、しゃらくさい、と思っていました。
                            Ernst27 


アマゾンの解説を引用すると「21世紀半ば。熱帯化した東京には巨大積層都市・アトラスがそびえていた。さまざまなものを犠牲に進められるアトラスの建築に秘められた驚愕の謎とは--? まったく新しい東京の未来像を描き出した傑作長編!!

加速する地球温暖化を阻止するため、都市を超高層建造物アトラスへ移して地上を森林化する東京。しかし、そこに生まれたのは理想郷ではなかった!CO2を削減するために、世界は炭素経済へ移行。炭素を吸収削減することで利益を生み出すようになった。一方で、森林化により東京は難民が続出。政府に対する不満が噴き出していた。少年院から戻った反政府ゲリラの総統・北条國子は、格差社会の打破のために立ち上がった。」
 感想を一言で言えば、暇つぶしエンタメとして私としては十分に楽した。
文庫本解説の筒井先生がこの作品の長所であり短所でもある「すべてにおける過剰さ」を指摘されているので、まさにその通りなんですが、いっぽうもともと雑誌『Newtype』に連載されていたらしく、まごう事なきライトノベルである。主人公は女子高生だし、話は「アキラ」の世界観に「ナウシカ」ばり女子高生ヒロインが出てくるし、ロジックが破綻すれば荒俣宏「帝都物語」の怨霊で辻褄を合わせてしまうという、荒唐無稽なストーリー展開。ライトノベルたコミックの世界ではこういうのはお約束として当然なんでしょう。「銀魂」とか「ナルト」のような時代劇とSFがごっちゃになるだけで違和感を覚えてしまうような私らおぢさんには、ここらへんがつらいところ。ただし炭素経済、カーボニストという、ちょっと村上龍ばりの近未来経済小説的な仕掛けがベースになっていることと、あともうひとつ、圧倒的なスピード感には酔えます。稚拙でご都合主義的なストーリテリングとこの疾走感や部分的な先進性を差し引きして「私についていえば、エンタメとして十分楽しめた」と書いた訳です。
 なにかこういう方法論で似ているものが有ったような気がする?と思ったのですが、それはアメリカはFOXのTVドラマ「24」でした。もちろんあっちのほうがデティールにおけるリアリティはすごいのですが、ご都合主義的ストーリー展開(主人公は何度も死にそうになるは、同僚も恋人も次の回には敵になったり等々)を、圧倒的なスピード感で見せ切ってしまう方法論がそっくりなんですね。なんでも09年春にはアニメ化されるらしいので、さもありなん。ですね。
 小説としては筒井康隆先生もご推薦の「テンペスト」文庫化に期待しましょう。

| | コメント (1)

2009年3月 8日 (日)

吾妻ひでお「地を這う魚」

あじましでお先生の新刊です。あじま先生、生きているのだけでも嬉しいのに新刊も読めるなんてなんと素晴らしいことでしょう。ですからこれ以上のことを望んではいけませんですね。
             
               
 日記シリーズのネタも尽きたというか、「うつうつひでお日記」、「うつうつひでお日記 その後」によれば2005年頃から描き始めたようで、あずま版「まんが道」です。ただしストーリーは大変つまらない。登場人物=北風6人衆が「まんが道」と格が違うんですもん。結局4人はプロになれなかったか既にリタイア。いまだ現役なのは松久由宇さんだけだそうですが、昔から実名が出ていても私はこの人の漫画を読んだことがありません。マイナーですよね。いちばんマイジャー(byいしかわじゅん)なあじま先生にしたって、アル中で蒸発&ホームレスですからねえ。
しかし描き込みの密度はすごいですね。とてもドグマチール、ノリトレン、メレリル、ベンザリン、トリプタノール、ダルメートなどを常用しながら描いているとは思えません。「どど」「ぐずり」などの新キャラクターのほか、魚系、爬虫類系の生物が空間に増殖しています。もしかしたらSF深読みオチがあるのかもしれませんが、ハードSFファンでない私にはどうせ分からないので、ただ絵を楽しみました。登場人物は大半が擬人化ならぬ擬人動物化しています。日記系の本でも触れていた秋田書店の少年チャンピオン <鬼の>壁村編集長はゴリラになっています。一方、これらの丸っこいキャラと「ときめきアリス」系のダークなテイストが混在しているのがいまひとつ中途半端な感じではあります。ああ、いかん、あじま先生の作品は読めるだけで幸せなのに、こんなことを書いたら罰があたってしまいますね。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年9月 »