« 俺、南進して 読了 | トップページ |  ジェフ・ベック&エリック・クラプトン »

2009年3月28日 (土)

ユリイカ 特集 諸星大二郎

雑誌ユリイカ、いったいいま何千部が配本さえているんしょうか、私自陣多分20年ぶりくらいに買いました。なんたって雑誌タイトルのサブキャッチが「詩と批評」ですからね。ほぼ死語の世界です。30年前ならたまに親父の詩が載ることも有ったように思いますが、それでも当時からブッキッシュというか、ペダンチックな編集でしたね。
何で久々に買ったにかというと、大好きな漫画家の諸星大二郎特集で、諸星さんへのインタビューが掲載されていたからです。実は長野は生まれただけでほとんど荒川沿い育ちだとか、初期短編(正直言ってつまらないですけど)もあり楽しめました。
 反面、巌谷国士の「批評」にしても、夏目房之介他の対談にしても、ぬるい。記事(対談)を依頼されたから、こなしてます、というレベル。MBA系ビジネス文書などの訓練など私もちゃんと受けている訳ではないですし、普段の文章もかなりトートロジーやらループっぽくなる私ですら、巌谷さんのピントがぼけた焦点が合わない「文芸批評に典型な書き方」には辟易してしまいました。若い頃は経験値が無いからこっちのリテラシーが低いのだろうと思って無理して読んでいたのですが、50歳にもなると、文芸批評という作文の60年代的(70年代的?9作法というのもののレベルが実は大変低かっただけなのだということが分かってしまった。批評家の勝手な空想や独白で延々升目を埋められても、読むほうは苦痛なんですよね。それにSNS(ソーシャル・ネットワーキング。サービス、MIXIやGREEです)やCGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア、まあブログなんかですね9で、そのての独白は溢れ返っているので、お金を出して紙媒体で、つぶやきなんか読みたくないですよ。
 逆に先のコラムで触れた雑誌ストレンジ・デイズもけっこう昔風の編集スタイルだけど、ロック音楽批評は、本人取材(英国人であれ米国人であれメールでも出来ます)による一次資料(ま、証言ですな)などもふんだんに採用され、それを元に解析が加えられているので、昔とはまったく違う次元に達しています。70年代の水上はる子=ミュージック・ライフ式みーちゃんはーちゃん記事か渋谷陽一式素人くさい文芸批評真似たロック批評的マスターベーションしか選択肢が無かったんですけどね。ユリイカはそれら70年代のロック雑誌よりは何倍も高尚でしたが、進化しないまま30年経ったら、化石になってしまったようです。
51m0fsk40hl__ss500_

|

« 俺、南進して 読了 | トップページ |  ジェフ・ベック&エリック・クラプトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺、南進して 読了 | トップページ |  ジェフ・ベック&エリック・クラプトン »