« ユリイカ 特集 諸星大二郎 | トップページ | 長野亮之介 個展 »

2009年9月22日 (火)

 ジェフ・ベック&エリック・クラプトン

HPおよびMIXIのコピペです。個人サイトとMIXIがあるとブログは個人的に利用価値が低くなってしまいますね。ツイッターの利便性はまだ全く分かりません。

行ってきました、ベックとクラプトンのジョイント・コンサート。私も年のせいか、さすがにアドレナリンやドーパミンが出て酔いしれるよいう状態にはなりませんでしたが、なかなか良いコンサートでした。ジミー・ペイジはカバーデイル&ペイジ、ペイジ&プラントで見ているので、やっと三大ギタリスト(死語)全員のコンサートを体験したことになります。

 第一部ジェフベック。ベースのタルちゃんは噂どおりかわいかったです。ベースのボディの上にちょうど右のおっぱいが乗っかる形になるんですよね。でも出じゃばることがなく、いたって地味でした。サービスは、フリーウェイジャムだったか、タルのベースをベックと二人で弾くというアクロバット奏法。上の1、2弦をベックが両手で弾き、下の3、4弦だけタルちゃんが弾くというもの。パパと娘って感じでした。
 私、ベックを見るのは初めてだったのですが、ライブ見て納得したのは、ベックの曲(というか彼のフレーズ)はフィギュアスケートなどと同じく、ぎりぎりに練習を重ねてやっと初めて演奏可能な超絶技巧曲だということでした。良くミスが多いと言われますが、本人でも完璧に弾けるのは、最高のコンディションのときだけなんでしょう。人によれば「レッドブーツ」の完奏率は50%だとか。あとはCDでは分からなかったのですが、「Angel」ではボトルネックでスライド奏法をするだけででなく、指のかわりにボトルを弦にこすって微妙なサウンドを出すという離れ技を披露していました。
 最近のアルバムの曲中心に、フリーウェイジャム、レッドブーツ、悲しみの恋人たちなど古い曲もやってましたアンコールはピーターガン。これはかっこいい。ロニー・スコッツ・クラブ・ライブと大体一緒でしょう。CDには入っていませんが。

 第二部、クラプトン。一曲目と二曲目レイラまでをアンプラグドでやり、そのあとはストラトに持ち替えて、ブルース中心で約1時間。往年の曲はコケインとクロスロード(キーが高いバージョン)くらい。クラプトンのブルースはうまいかわりに味が無い気がしていたのですが、今回はソロも長くけっこう力が入っていた感じ。

 さてお待ちかねの第三部ジョイントコンサートは、オールメンバーではなく、クラプトンのバンドにジェフが参加という形。やはりブルースが中心。あとはクリームのバッジだったかな。オールドブルースは曲名を知らないのでセットリストが書けないのですが、それ以外にもブルースではないけどロックの曲もありました。互いのソロを取りあうのではなく、二人でユニゾって引くという、都内スタジオでの秘密練習の成果も有り。都合40分程度でしたか、親父ロックを十分堪能しました。
 席は2階席の後だったので前のほうは見えませんでしたが、多分最前列のお客には布袋寅泰とブライアン・セッツァーは来ていたと思います。布袋のブログに書いてありましたので。

 クラプトンは過去にも何度かライブにいったことがあるし、さほど好きじゃないのでベックの単独公演という手もあったのですが、やはり二度おいしいジョイントにしました。お金は非常に高い。しかしクラプトン1万1千円+ベック1万円=2万1千円×演奏時間二人合計で4時間が合計3時間んあるので約70%=大体17,000円と自分を納得させました。呼び屋のUDOも両方にギャラ払わなければいけないので、大儲けにはならないでしょう。それと洋楽ライブは、ほぼ1年前のコラシアム以来なので、かみさんに無理やり納得していただきました。この前がもうさいたまアリーナは初めてだったのですが、ドームとしてはまあまあのサイズ。席はほぼ満席でした(私の居た2階席にちらほら空きがあるくらい)。今日の日曜も当日券が出ていますが、不入りなのではなく、本当に若干の空き席まで売って、かせげるときに稼ごうという腹なのでしょう。


ところでセットリストが分かりました。

第一部:Jeff Beck


The Pump
You Never Know
Cause We've Ended as Lovers
Stratus
Angel
Led Boots
Goodbye Pork Pie Hat
Brush With The Blues
JEFF & TAL Solo(inc~Freeway Jam) ※これが一本のベースを二人羽織弾きした曲
Blue Wind
A Day In The Life
(Encore)
Peter Gunn Theme

第二部:Eric Clapton

Driftin'
Layla (以上2曲はアンプラグド)
Motherless Child
Running On Faith
Tell The Truth
Little Queen Of Spades
Before You Accuse Me
Cocaine
Crossroads

第三部:Clapton & Beck

You Need Love (オールドブルースbyマディ・ウォータース)
Listen Here/Compared To What
Here But I'm Gone
Outside Woman Blues (クリームの曲)
(Little) Brown Bird (オールド・ブルース)
Wee Wee Baby
Want To Take You Higher (スライ・ストーンの曲)

Leaf

|

« ユリイカ 特集 諸星大二郎 | トップページ | 長野亮之介 個展 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。