カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2008年9月28日 (日)

学校へ歩いてみる

愚息の学校の文化祭があったので、家から歩いてみることにしました。片道約4.5キロメートル。愚息は普段バスを乗りついて通学しています。

地図

Tohoinroot

横浜北部は洗濯板のように勾配が激しい地形です。

073

お洒落な看板は不動産屋さんの開発物件案内。

076

吊橋がありました。

077

Img_004

Img_009

Img_043

中学生の展示はまあこんなもの。

081

先生バンドが「21世紀少年」にちなんで、T・REXの「20th Century Boy」を演奏しました。

しかし、みなさん、私より10歳近く若いんだから、T・REXはリアル・タイムじゃないでしょう?ちなみに1958年生まれの私は中一のとき、この曲の入っているアルバム「TANKS」を買いました。

082

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

鷲神社

1/2は近所の鷲神社(これでおどろきじんじゃ 、と読む)へ初めて初詣しました。会社の若いのにここらへんが地のやつがいて、「とどろき神社」で会うかもしれませんね、と聞き違いしてました。ちいさなちいさな神社でした。
http://utsukushigaoka5.seesaa.net/article/30501200.html

Img_016

1/3はこれまた珍しく明治神宮へ家族で初詣。夕方行ったら思いのほか空いていました。実は明治神宮に初詣は初めてなんです。

Img_031

そのあと、渋谷マークシティ内の「梅が丘 美登利寿司」で夕ご飯というなんだか典型的プチブル(死語)ライフスタイルを送ってしまいました。市場はもちろん休みでしたが、ねたはなかなかでした。

 しかし正月の行動パターンってすっかり様変わりですね。1日は初詣とか恒例行事でしょうが、二日はこれはもう各デパート、SCの初売り。都内はきっとすごい人手でしょうし、うつに地元の東急百貨店のSCでもすごい人出。福袋もかつてのもとは似て非なる存在でしょうし、アジアのお客さんもおおい。スーパーやCVSは無休だし、閑散とした中にも凛とした雰囲気が漂っていたあの正月の感じはもはや過去のものですね。

| | コメント (0)

2006年9月24日 (日)

結婚披露パーティー

社の若い衆が結婚しましたんで、二次会のパーチーには顔を出してみました。
 考えてみると身の回りの人間の結婚って久しぶり。40代後半という、ちょうど自分の年齢がそういう時期なんでしょうね。同僚はもちろんいまさら結婚なんて有り合えないし(再婚した奴もいたけどやはり40前半だったのでもはや数年前)、親戚も三十路迎える・迎えたで結婚というのが数年前までで一段落。しかも今のセクションは全員私より年長だし。まあご祝儀代がかからなくて、いいっていえばそうなんですが、逆に昨年の実父も含め、同僚・先輩の親族の葬式は増えているわけで、お香典代がかかるから需給?バランスは同じです。そんなら明るい結婚式のほうがいいやね。
 新郎も35歳くらいなんで、本当に最近はみな晩婚傾向です。女性も三十路の壁なんていってたのは遠い昔。あるいは結婚しても披露宴やらないケースが多いし。ちょい前に結婚した、かみさんのいとこの夫婦(やはりオントシ34,5歳かな)は、ワイハで親戚だけの式でしたっけ。
 私自身は地方で結婚したのでごくごく普通の式でしたが、セゾン・グループ時代の同僚は、ちょうどバブル真盛り、販売促進部やら環境デザイン部所属ですから、ウォータフロントの倉庫を貸切でイベント的パーチーなんか多かったですねえ。それを思うと今の連中のほうがよっぽど健全ですね。 Shino_041sm

| | コメント (0) | トラックバック (0)